真鍮加工のことならお気軽にご相談ください!|株式会社富士産業

03-3694-94110336949411

03-3691-3691

真鍮をデザインに取り入れてみよう!

真鍮は黄銅とも呼ばれ、銅(60%)と亜鉛(40%)の合金で出来ています。
黄銅は読んで字のごとく「黄色い銅」これを真鍮と呼びます。
真鍮は硬度が高く、柔らかい銅に比べると加工性が良い為、ネームプレートや計器版、配線機器にも使われています。
最も身近な物で、日本で使われている五円玉(厚さ1.5t外径φ22)も、真鍮の素材が使われています。
英語では真鍮を「brass」ブラスといい、ブラスバンドで使われる金管楽器のトランペットなども真鍮素材が使われています。

研磨をし鏡面仕上げにすると、金に似た光沢がでるので、金の代用品としても使うことができます。

また、真鍮は使い込むことによって生まれる独特の風合いは、飴色からダークブラウンへ色合いが変化し、アンティークやビンテージの金具風に表情を変えていきます。
これは、生地の表面が空気や手に触れる事により酸化し、使えば使うほど革製品のように味として変化してゆく素材です。
当社では、100年以上前のアンティークの風合いから、30年経過のヴィンテージまで人工的に経年変化(エイジング)加工を施す事が可能です。
素材表面の処理が違うだけで受ける印象が変わります。古美色・古美・古色・パティーナ・硫化イブシなど呼び方もまちまちです。
通常の真鍮生地
ヴィンテージ仕上げした物
アンティーク仕上げした物

この酸化被膜ですが、金属研磨剤(ピカール等)で磨けば新しい輝きを取り戻すことが可能です。 このように、金に似た美しい輝きから、味わいのあるアンティークまで、真鍮は様々なシチュエーションや環境で素材の表面を表現する事が出来ます。
真鍮をデザインに取り入れてみてはどうですか?

経年変化した物を右側のみ研磨しています。
再び元の真鍮生地が出てきます。

  • 真鍮鋳物のエイジング染め加工
    商品名 fujisanngyo メカゴリラ (非売品)
    素材 真鍮鋳物
    コメント fujisanngyo 全長250mm
    真鍮鋳物の像に染め加工
    左からロイヤル、中央ヴィンテージ、右アンティーク。
  • 真鍮鋳物のエイジング染め加工
    商品名 fujisanngyo メカゴリラ (非売品)
    素材 真鍮鋳物
    コメント 全長250mm
    真鍮鋳物の像にエイジング染め加工
    パティーナ(綠青)仕上げ
    塗装では出せない素材特有の表情を見せます。

真鍮素材の製作事例

加工方法

曲げ、切断、溶接、穴あけ、切削、塗装、染め(エイジング)、研磨

製作物

製作金物、装飾金物、什器、雑貨、アンティーク品、ヴィンテージ品などなど

  • 真鍮ゲーム機
    商品名 真鍮ヴィンテージゲーム機 (非売品)
    素材 真鍮
    コメント 真鍮ヴィンテージゲーム機。 正直、重いです。
    肩もこります。
    それでもいいんです。
    友達のよりかっこよければ!
  • 真鍮丸棒をT形にアルゴン溶接
    商品名 クローゼット洋服バー
    加工方法 真鍮丸棒をT形にアルゴン溶接
    コメント KYOHEI&MIRANDA様OEM製造
    仕上げはロイヤルにて
  • 真鍮製サイドボード
    商品名 真鍮製サイドボード
    素材 木製に見えますが全て真鍮素材
    加工方法 表面処理は燻し仕上げ
    コメント サイズ:W1900×D500×H700(mm) 塗装では出せない真鍮本来の質感を生かし表面処理は燻し仕上げ。 全面は風通しの良いルーバー仕様。 僕達の研究は続きます。
  • 真鍮製ローラースケート(非売品)
    商品名 真鍮製ローラースケート(非売品)
    素材 真鍮
    コメント 脱着式23㎝~27㎝
    昭和の懐かしいローラースケートを真鍮製で復刻しました。
    これを履けばクラスの人気者です。

  • 真鍮製の洗濯板
    商品名 真鍮製の洗濯板
    素材 真鍮
    コメント 280x500
    洗濯板1960s誕生から60年の経年変化を再現。
    使用することも可能。
    真鍮は銅が60%含まれるので抗菌作用も有ります。
  • fujisanngyo 真鍮製ホッピング
    商品名 真鍮製ホッピング(非売品)
    素材 グリップ以外はオール真鍮製
    コメント H950mm ホッピング1950s誕生から70年物をイメージしてエイジングで再現
    ネジ部も真鍮マイナスを使用。
  • 真鍮製ルービックキューブ (非売品)
    商品名 真鍮製ルービックキューブ (非売品)
    素材 真鍮
    コメント 可動式。
    キューブ全面に柄が無いので、どう動かしても正解です。
  • アンティークパイプ什器
    商品名 fujisanngyo アンティークパイプ什器
    素材 真鍮
    コメント fujisanngyo アンティークパイプ什器。 場所を取るので、近所の産廃屋さんで組立。
    スクラップじゃないです…
    パイプからトップのギボシとジョイントパーツ鋳物全て真鍮。
    本物の素材は染めも美しく出ます。
  • 真鍮鋳物のエイジング染め加工
    商品名 真鍮スマートフォン(非売品)
    (非売品)
    素材 真鍮
    コメント 樹脂製のスマートフォンを真鍮製にチェンジ。
    高級感が出ました。

  • 真鍮カウンター。
    サイズW2800 真鍮スクラッチロイヤル仕上げ(光沢がうるさくなる真鍮肌を、ライトなイブシを加えることにより高級感のある落ち着いた質感を出す技法)
    また、縁を10mm立ち上げているので重厚感が出ます。
    内装、什器は全てサトウカツヤ設計室がプロデュース。
    ギャラリー「水犀-mizusai-」12月7日プレオープン。
    場所:
    台東区三筋1ー6ー2小林ビル3F
    (カキモリさんが入っているビルの3階)

  • ヴィーナス。
    Φ70x400
    真鍮アンティーク仕上げ。
    前回の物より100年以上の経年変化をイメージしてエイジング。

  • ヴィーナス。
    Φ70x400
    真鍮ロイヤル仕上げ。
    オスカー像がメンズならば、こちらはレディースで勝負。

  • 口金カードケース。
    真鍮製。
    げんこ玉を閉じる時に鳴るパッチン!という音は真鍮製ならではです。
    蝶番は使わず、ワンタッチ式で開閉するミニマルデザイン。

  • ロボットアーム。
    有害な亜鉛を吸いながらの真鍮フルカバーを溶接。
    表面処理は迷彩風に発色。
    不器用に動く指が生々しい…

  • JUMBLE TOKYO 2018。
    ベルサール渋谷ファーストにて行われたJUMBLEにいきました。
    僕達のデザインと製作したギョーシェ彫りバングルも出展させていただきました。

  • マーライオン。
    実験中、彼は急に会社を飛び出した!
    ブラスウィルスに感染!
    真鍮がこんなに増殖していたなんて…。
    しばらく休ませます。

  • 真鍮リング。
    フリーサイズ。
    アジアンテイストな唐草模様。

  • 真鍮リング。
    フリーサイズ
    日本古来からある柄の絹目、槌目、模様。

  • 真鍮ねじり。
    真鍮の角棒や丸棒をツイストした物。
    ジュエリーやアクセサリーのパーツ、バングルやバッグハンドルのアクセントにいかがでしょうか。

富士産業の独自技術!!
伸銅品(銅や真鍮)の溶接および燻し加工

(認定技術)
伸銅品の溶接及びいぶし加工

(認定技術の説明)
同業他社が嫌がる伸銅品(銅や真鍮)の溶接と、いぶし加工の両方をマスター。片方だけでも難易度の高い技術を組み合わせることで、他の追随を許さないレベルの加工が可能となった。

真鍮加工なら富士産業へ!!

真鍮・銅製品への飽くなき挑戦物語

リアルなエイジング加工技術を獲得

最初に受けた非鉄金属の染めの仕事は、「銅のいぶし加工」だった。調理用の銅のフードを、格式高い天ぷら屋にふさわしいものに仕上げるという依頼である。当時銅のいぶし加工は未経験だったが、杉本は基本的に頼まれたことは断らないスタンス。引き受けた上で「何とかしなきゃ」と自分を追い込んでいくタイプなのだ。長年付き合いのある顧客に教えてもらった技術で製品化したところ、渋みのある色合いが表現できた。依頼主からも「味があるね」と褒められたという。杉本も染めの面白さに開眼した。
銅の染めに関する別の依頼で、「40年前に海岸で拾ってきたような風合いにしてほしい」というオーダーも「海岸に流れ着き40年間放置された風合いにしてほしい」というオーダーもあった。
一般的な銅のエイジングは水道水で加工しているため、カルキの影響で仕上がりが白っぽく仕上がる。杉本は水道水を天日干しして、カルキを飛ばしてから、薬品を混ぜ込んで使うことを思いついた。
「海辺は塩分が多い環境なので、緑青で覆われたような色合いに仕上げています。海で揉まれた感じを出すために、鳥かごを自転車の後ろに紐でつけ、町内を引きずりながら一周しました。近所の人からはいぶかしく思われたかもしれませんが、細かい傷がたくさんついて、自然なダメージ加工ができたと思います」
杉本の飽くなき探究心により、エイジング加工のスキルはどんどん上がっていった。

全国でも稀な大型製品への「湿式」の硫化いぶし加工技術を獲得

ある日、銅のいぶし加工の製品を写真に撮ってInstagramにアップしていたところ、コメント欄で「真鍮のいぶし加工もできますか?」と質問された。
当時真鍮のいぶし加工をしたことはなかった。だが頼まれたことは何でもやってみる性格の杉本は、その日から真鍮の染めの研究もスタートした。
「真鍮のいぶし加工は銅とまったく別物で、染めの薬品も異なります。真鍮は銅が60%、亜鉛が40%の合金です。亜鉛が染めの薬品を弾くので、きちんと下処理しないときれいに染まりません。銅なら2工程で染まるところが、真鍮は3~4工程必要だったり、仕上がりがまだらになったりします。染めの技法についてネットをくまなく探しましたが、情報がありません。昔の職人さんが持っていた技術なのですが、データ化されておらず、ノウハウが失われつつあったのです。図書館に行って大学の先生の論文や、漢字とカタカナだけで書かれた古い文献も読みました。そんな中『これは』という本を見つけたときには、タイトルが光って見えました(笑)」
杉本は、既存の文献を参考に、水溶液を使った湿式の硫化いぶし加工に挑戦した。硫化いぶし加工には「乾式」と「湿式」がある。乾式は真鍮にスプレーで硫化着色剤を吹きつけて直接塗布する技法。製品表面に
 …乾式は真鍮に5硫化アンチモンやグラファイト(粉末状)を塗布し乾燥させブラッシングする技法。
薄い酸化皮膜をつくることで着色する。杉本の目から乾式はリアリティに欠けると感じていた。
一方、湿式は製品を水性の薬品に浸けて黒く発色させた後、手やブラッシングで色合いを整えていく技法。
一方、湿式は着色液の中に沈めては取り出し、重曹で中和するを繰り返し行う技法。
自然な仕上がりになるが、ムラが出やすく「大型製品には不向き」とされていた。杉本は研究を重ねた結果、湿式で1~2m程度の大型製品を染めることに成功する。
さらに薬品の配合を混ぜ、浸ける時間や温度を微調整するといった工夫を重ねることで、いぶし加工の色の濃淡を調整可能にした。本物の真鍮の経年劣化を観察し、20年の経年劣化に近づけたヴィンテージや、100年前のアンティークのような風合いを再現できるようになった。
ヨーロッパで本物の真鍮の経年劣化を見てきたインテリアデザイナーも、そのリアルな風合いに驚嘆するという。

同業者も「できるわけがない」とさじを投げた「真鍮のアルゴン溶接」に成功

ようやく染めの技術を開発したものの、真鍮の溶接をできる工場がないため、製品化に至らないという壁に突き当たった。材料の板を染めるだけでは、せっかく習得した技術が宝の持ち腐れとなる。杉本は溶接まで自分でやってみようと思い立った。
「あらゆる板金屋さんに真鍮の溶接について聞いて回ったのですが、みんな知りません。図書館に行って加工法を調べてみましたが、アルゴン溶接自体の歴史が浅いこともあって、資料が見つかりませんでした。試しに、タブーとされている方法を使ったところ、何とかくっついたんです。それから電極や電圧を調整しながら試行錯誤を繰り返しました」
勤務時間中は本業を行い、昼休みや終業後に研究を重ねた。同業他社からは「アルゴン溶接で真鍮がつくはずがない」と言われていた。「やってみないとわからない」という気持ちで挑戦し続けたが、どうしてもうまくいかない。悩みながら眠りについたある夜、夢の中で名案が浮かんだ。
「僕は起きている間に自分が見ているものは全部録画だと思っています。それが寝ている間に整理整頓されて、夢の中でつながり、アイデアがひらめくことがあるんです」と杉本。
忘れてはいけないと飛び起きてメモし、翌日その方法を試すと、真鍮をきれいに溶接することができた。ふつうに真鍮を熱すると亜鉛が反応して表面がブツブツと盛り上がってしまうのだが、杉本の編み出した方法を使えば、鉄やステンレスのようなツルッとしたビード(溶接痕)になった。
染めと溶接技術の獲得により、作れるものの自由度は大きく広がり、さまざまな製品の製造依頼が舞い込むようになったのである。
真鍮加工なら富士産業へ!!