真鍮加工のことならお気軽にご相談ください!|株式会社富士産業

03-3694-94110336949411

03-3691-3691

真鍮をデザインに取り入れてみよう!

真鍮は黄銅とも呼ばれ、銅(60%)と亜鉛(40%)の合金で出来ています。
黄銅は読んで字のごとく「黄色い銅」これを真鍮と呼びます。
真鍮は硬度が高く、柔らかい銅に比べると加工性が良い為、ネームプレートや計器版、配線機器にも使われています。
最も身近な物で、日本で使われている五円玉(厚さ1.5t外径φ22)も、真鍮の素材が使われています。
英語では真鍮を「brass」ブラスといい、ブラスバンドで使われる金管楽器のトランペットなども真鍮素材が使われています。

研磨をし鏡面仕上げにすると、金に似た光沢がでるので、金の代用品としても使うことができます。

また、真鍮は使い込むことによって生まれる独特の風合いは、飴色からダークブラウンへ色合いが変化し、アンティークやビンテージの金具風に表情を変えていきます。
これは、生地の表面が空気や手に触れる事により酸化し、使えば使うほど革製品のように味として変化してゆく素材です。
当社では、100年以上前のアンティークの風合いから、30年経過のヴィンテージまで人工的に経年変化(エイジング)加工を施す事が可能です。
素材表面の処理が違うだけで受ける印象が変わります。古美色・古美・古色・パティーナ・硫化イブシなど呼び方もまちまちです。
通常の真鍮生地
ヴィンテージ仕上げした物
アンティーク仕上げした物

またこの酸化被膜ですが、金属研磨剤(ピカール等)で磨けば新しい輝きを取り戻すことが可能です。 このように、金に似た美しい輝きから、味わいのあるアンティークまで、真鍮は様々なシチュエーションや環境で素材の表面を表現する事が出来ます。
真鍮をデザインに取り入れてみてはどうですか?

経年変化した物を右側のみ研磨しています。
再び元の真鍮生地が出てきます。

加工方法

曲げ、切断、溶接、穴あけ、切削、塗装、染め(エイジング)、研磨

製作物

製作金物、装飾金物、什器、雑貨、アンティーク品、ヴィンテージ品などなど

  • 真鍮カウンター。
    サイズW2800 真鍮スクラッチロイヤル仕上げ(光沢がうるさくなる真鍮肌を、ライトなイブシを加えることにより高級感のある落ち着いた質感を出す技法)
    また、縁を10mm立ち上げているので重厚感が出ます。
    内装、什器は全てサトウカツヤ設計室がプロデュース。
    ギャラリー「水犀-mizusai-」12月7日プレオープン。
    場所:
    台東区三筋1ー6ー2小林ビル3F
    (カキモリさんが入っているビルの3階)

  • ヴィーナス。
    Φ70x400
    真鍮アンティーク仕上げ。
    前回の物より100年以上の経年変化をイメージしてエイジング。

  • ヴィーナス。
    Φ70x400
    真鍮ロイヤル仕上げ。
    オスカー像がメンズならば、こちらはレディースで勝負。

  • 口金カードケース。
    真鍮製。
    げんこ玉を閉じる時に鳴るパッチン!という音は真鍮製ならではです。
    蝶番は使わず、ワンタッチ式で開閉するミニマルデザイン。

  • ロボットアーム。
    有害な亜鉛を吸いながらの真鍮フルカバーを溶接。
    表面処理は迷彩風に発色。
    不器用に動く指が生々しい…

  • JUMBLE TOKYO 2018。
    ベルサール渋谷ファーストにて行われたJUMBLEにいきました。
    僕達のデザインと製作したギョーシェ彫りバングルも出展させていただきました。

  • マーライオン。
    実験中、彼は急に会社を飛び出した!
    ブラスウィルスに感染!
    真鍮がこんなに増殖していたなんて…。
    しばらく休ませます。

  • 真鍮リング。
    フリーサイズ。
    アジアンテイストな唐草模様。

  • 真鍮リング。
    フリーサイズ
    日本古来からある柄の絹目、槌目、模様。

  • 真鍮ねじり。
    真鍮の角棒や丸棒をツイストした物。
    ジュエリーやアクセサリーのパーツ、バングルやバッグハンドルのアクセントにいかがでしょうか。

真鍮加工なら富士産業へ!!